TOPお葬式のマメ辞典 お葬式のマナー・しきたり>お葬式の服装(喪主・身内) サイトマップ

◆お葬式の服装(喪主・身内)
遺族は通夜が始まるまでは、平服(普段の服装)でかまいませんが、通夜では喪服を着ます。
※喪服が間に合わない場合は、貸衣装店や葬儀社でレンタルしている場合も多いので、相談することもできます。
 
   男性の服装
 
和装、洋装(モーニング)が正装ですが、現在は洋装(ブラックスーツ)の方がほとんどです。ブラックスーツはダブル・シングルのどちらでもかまいません。
   女性の服装
 
喪主になられる方は、着物を着るかどうか、悩まれる場合も多いと思いますが、最近では減ってきています。洋装の場合は、黒無地のワンピース、スーツ、夏ならブラウスでもかまいません。但し、透けた素材やノースリーブ、襟の大きく開いたデザインなどは避けましょう。
 
   タブー
 
通夜や葬儀の服装は、故人の死をいたむ気持ちを表すものですので、華美な服装や、肌の露出が大きい服装は避けたいものです。
 
     
TOP4つのご葬儀プランオンリーワンの生花祭壇と想い出コーナー家族葬邸宅 団欒団欒くらぶ「むくろじ」斎場のご案内
事前相談・無料お見積り・お問い合せお客様の声5つの特典情報誌むくろじ手元供養おもいで碑お葬式のアドバイスお葬式の費用
|お葬式のマナー・しきたり会社案内・地図個人情報保護方針特定商取引に基づく表示リンク